安易にサインしては損!保険会社の提示する示談金額が安い理由

保険会社は安い示談金額を提示する

ed36849b27d876503e7acbdba9729bd7_s

交通事故の被害者になり損害が発生した場合、加害者側と示談交渉を行って損害賠償や慰謝料を含めた示談金により被害を弁済してもらうことになります。実際の示談交渉を行うのは加害者本人ではなく保険会社の交渉担当者ですが、示談交渉で注意しなければいけないのが保険会社が最初に提示してくる示談金額は相場よりも安い金額であるという事実です。

保険会社は支払う保険金を少しでも減らしたいと考えていますから、いきなり支払限度額いパピの示談金を提示してくることはありません。最初はできるだけ安い金額を提示してくるのがセオリーであり、被害者が示談交渉に無知で何も疑わず安い金額で示談に応じてくれれば儲けものだと考えています。

損害賠償や慰謝料は交通事故被害者として当然受け取る権利のあるお金ですから、十分な金額でなければ示談に応じる必要はありません。知識不足に漬け込めれて本来もらえるお金を失うことがないように十分注意して交渉に臨まなくてはいけません。

初回の提示額で交渉をまとめる必要はない

保険会社が提示してきた初回の示談金額に応じる必要は全くありません。示談が長引いてもいいのかなど不安を煽るような言葉でサインするよう強く求めてくる保険会社もいますが、毅然とした対応で不当に低い金額での示談ははねつけましょう。初回の提示額は様子見に過ぎず、保険会社も断られることを前提とした安い金額を提示しています。

断ったからといって示談交渉で振りになることは全くありません。むしろ手強い相手と認識されて本腰を入れて交渉してくる可能性のほうが高いので、金額に不満があるときは納得いくまで交渉するつもりできっぱりと断ったほうが良い結果が期待できます。

交渉次第で示談金額は変わる

交通事故示談にはある程度の相場はありますが、実際に支払われる金額は個々のケースによって異なるため相場はあってないようなものです。十分な金額が引き出せるかどうかは交渉次第なので、相手の言い分を鵜呑みにして交渉せずにサインしてはいけません。サインしてから示談交渉のやりなを氏を求めても手遅れです。初回提示金額に不満があるのなら交渉でさらなる上積みを引き出しましょう。

なぜ保険会社の提示額は安いのか

e72001241f07a3b9254583c491b3004d_s

事故示談で保険会社が最初に提示してくる金額はほぼ全てが相場を大きく下回る金額です。同意がなければ交渉がまとまることはありませんが、なぜ保険会社の提示額は安いのでしょうか。大きな理由としては保険会社の経営上の問題があります。

保険金の支払いは加入者にとっては便利で嬉しいものですが、保険会社にとっては大切なお金が出て行ってしまうできれば避けたい行為です。支払いを拒否するのは難しくても安い金額を提示するくらいならできるため、実現見込みが低くても被害者に対して一度は安い示談金を提示します。

その後の交渉の手間を考えると拒否されることが前提で安い金額を提示するのは無意味に思えますが、交通事故に関する知識がなければそんなもんだろうと安い示談金額を受けてしまう事も考えられます。やすい金額提示は交渉で示談金を低くしようと考えている意思表明でもありますから、本気で交渉する気があるケースほど初回提示の示談金額は低くなりがちです。

不利な示談金を避けるには

ジダンが低い示談金額でまとまるのを避けるためには弁護士の協力が必要です。交通事故問題に強い弁護士に相談して示談交渉の代理人業務を依頼すればしっかりと相場通りの示談金を勝ち取ってくれます。弁護士を代理人にすることで不利な条件では示談に同意しないという意思表示になりますし、巧な交渉で不本意な内容のまま示談に同意してしまう事態も避けられます。

交通事故の被害者になってしまったらすみやかに交通事故を専門に扱う弁護士に相談し、受け取れる示談金はしっかりもらえるように交渉を進めてもらましょう。

こちらのコラムも人気です!