交通事故発生から示談金を受け取るまでの流れとは?

 交通事故の被害に遭ってしまったら?

ea0a8013724b3bef3d5d11cde4a6f219_s

交通事故はいつ起こるかわかりません。加害者になる可能性もあれば、被害者になる可能性ももちろんあります。 今回は交通事故の被害者になってしまった場合の概要について説明してみたいと思います。

 最初に出された示談金には応じてはならない

もしこれを読んでいるあなたが交通事故の被害にあった場合は、示談交渉を行ったうえで、損害賠償金を受け取ることになります。 多くの場合、加害者側は自動車保険の担当者を通して示談交渉することになるのですが、この時に注意しなければならないのは「最初にだされた損害賠償額や慰謝料が必ずしも正当な金額とは限らない」ということです。

 保険会社は加害者側の味方であることを 忘れてはならない

保険会社はあくまでも加害者側のサポートをする立場ですから、なるべく加害者側の負担が少なくなるように仕向けてくるのが当然です。そのため、適切な損害賠償や慰謝料を受け取るには、示談交渉の最初の段階で納得してはいけません。 正しい示談金を受け取るにはいくつかの段階を踏まなければなりませんから、解決への大まかな流れを理解しておいた方がいいでしょう。

交通事故発生から示談終了までの大まかな流れとは?

e9ccb0f925044f5c65ce5d741ebe3148_s

解決への大まかな流れは次のようになっています。

 ステップ1 病院で治療を受ける

交通事故によって怪我をしてしまった場合は、まずは 病院で治療に専念することが大切です。 なるべくたくさんの慰謝料を受け取るためには、ある程度の通院日数が必要となります。

仕事をしている被害者は仕事の隙間を縫って治療に通わなければならないので、めんどくさくなって投げ出してしまう人もいるのですが、 それは注意が必要です! 大した怪我ではなかったと認めてしまうことになりますから、 示談金はかなり少ないものとなってしまうでしょう。だから最後までちゃんと通うようにしてください。

 後遺症の確認をする

治療に専念しても、結果的に後遺症が残ってしまうケースもあります。 後遺症には等級がきめられており、どの等級に該当する後遺症かによって0の数が変わるくらい慰謝料は変動します。 場合によっては数千万円に及ぶケースもあるので、 必ず後遺症の確認はしておいてください。

慰謝料の計算をする

治療も一通り終了して後遺症の確認も終わったら、適正な慰謝料の計算をします。 被害者が自分で慰謝料の計算をするのは難しいですから、ほとんどの場合は弁護士に相談するのが一般的です。慰謝料を計算する時には、後遺症や治療費をプラスするだけではなく、怪我をしたことにより 働くことができなかった期間の給料なども入れて計算していきます。その上で加害者側に慰謝料の請求をするのです。

 示談交渉がスタート

加害者に請求する金額が決まったらいよいよ 示談交渉です。 被害者が弁護士を起用していれば、 示談交渉のほとんどを被害者に代わって弁護士が担当してくれます。 だから被害者は、プライベートな時間や仕事の時間を犠牲にする必要がありません。もし示談の相談がスムーズに進めば早期解決することも可能です。

示談交渉で解決しない場合は 交通事故裁判

お互いの出張がぶつかり合い示談交渉が決裂してしまった場合には、交通事故裁判を行うことになります。 決着がつくまでには1年以上かかるケースもありますから 長期化するケースがほとんどです。 しかし被害者側の主張をしっかり立証することができれば、本来の示談金よりも高い損害賠償金を獲得することが可能ですので、 めんどくさがらずに根気強く対応していきましょう。

裁判とはいっても実際に出廷する回数は少なく、準備書面でやり取りするケース ほとんどです。 弁護士が裁判をやりくりしてくれますから、実際は被害者が面倒なやりとりをすることはほとんどありません。

こちらのコラムも人気です!