交通事故の権利は一つではない!被害者の権利を存分に利用しよう

損害賠償と慰謝料は別々に請求するもの

d5ca88a71d51fa0d33d686b9661bd21b_s

損害賠償や慰謝料は、何らかのトラブルに巻き込まれた人が主張できる権利のことを意味します。では、具体的にこれらの権利を利用すればどのようなことを実現できるのでしょうか。まず、これらの権利を簡潔にまとめると以下のようになります。

  • 損害賠償=弁償、モノに対応する権利
  • 慰謝料=人に対応する権利

例えば、交通事故で自動車同士の事故に巻き込まれてしまったときには、大破した自動車を修理する必要がありますよね。こうして、現実的に存在するモノが何らかの理由で壊されたりしたときに利用できるのが損害賠償請求なのです。言い換えれば、損害賠償は日常生活の中で使われる弁償という言葉とほとんど同じものであると考えればわかりやすいです。

自動車が大破してしまい、自身に過失がなかったときには加害者に対して自動車を修理したときにかかったお金を支払ってもらうことができます。修理の時に10万円が必要ならば10万円、100万円が必要ならば100万円という具合に、修理に必要なお金だけを請求できる権利のことを意味します。つまり、修理にかかったお金以上に金銭を加害者から請求することはできません。

一方で、慰謝料は被害者自身の精神的な苦痛に対する対価として支払われるものであるため、損害賠償のような修理の費用だけという枠組みが存在しません。極端な例で言えば、金銭を請求するだけならばどのようなケースであっても高額な金銭を請求できます。20万円の修理費用が必要なだけのケースであっても、精神的な損害を被ったとして200万円の金銭を加害者に請求できるわけです。

もちろん、実際に請求をして相手から全額もらうことができるかどうかは別の話ですが、請求するだけならば慰謝料の場合には自由ですので、この損害賠償と慰謝料の立場をしっかりと認識しておくことが大切です。

示談金は被害者が提示するものではない

bf959feb7fcdd0a0633ab6a0a50aa1b5_s

交通事故における損害賠償や慰謝料と言うのは、あくまでも被害者からの主張で行使する権利です。しかし、示談金というのは原則として保険会社が被害者に対して提示する金銭であるため、被害者が率先して金銭を請求するわけではありません。言い換えれば、その金額に納得がいかなかった場合には被害者はその示談金の提示を拒否することが可能です。

示談金は、その名前の通り裁判所の決定を通さずに交通事故の当事者同士で決めた金銭のことを意味します。ただ、上記の通り当事者同士とは言ってもまずその示談金の提示はほとんどのケースで保険会社がしますので、保険会社が被害者の納得のいく金銭を提示するかどうかはわかりません。示談金の内訳は、一般的には損害賠償や慰謝料を含めた金額であると解釈されていますが、法律的な観点からその金銭の計算が正しいかどうかもまた別問題になっています。

というのも、示談金を提示する保険会社は自社に対して不利のない示談金を必ず提示しますので、相場よりも示談金が小さくなっていることが普通なのです。そのため、保険会社と示談金の交渉をする際には絶対に弁護士を味方につけて話し合いに応じなくてはいけません。

弁護士へ相談したときに計算してもらった損害賠償と慰謝料の基準と、保険会社が提示する示談金の金額に大きな齟齬が生じているケースでは、弁護士への相談で算出してもらった金額の方が法律的な相場として正しい見解であるというのは交通事故の常識です。

特に、慰謝料を含めて計算するケースでは弁護士が基準としている弁護士基準という基準の方が大きな金額を貰うことができることは統計的にも証明されていますので、示談に応じる際にはこれらの点を理解しつつ話し合いをしていきましょう。

こちらのコラムも人気です!