交通事故示談で良い条件を勝ち取るためのポイント

弁護士に相談する

f4752f1bee00f7f09dfeeb79b1076862_s

交通事故示談で良い条件を勝ち取るためにもっとも重要なのが、早期に弁護士に相談し交渉に入ってもらうことです。交通事故示談は当事者同士の話し合いで内容が決定するため、合意形成さえうまく行けばどちらかに一方的に有利な条件でまとめることも可能です。実際の交通事故示談では加害者側の代理人として保険会社の示談交渉担当者が参加します。

交渉担当者は保険のプロであり、自動車事故示談交渉を数多く経験してきた専門家です。そんな手強い相手と素人が交渉して良い条件を勝ち取るのは非常に困難です。法律のプロであり交渉に強い代理人を依頼し弁護士を通じて示談交渉を進めるのが賢い選択です。

交通事故示談を依頼する弁護士の選び方

交通事故示談の代理人は弁護士であればだれでもいいというものではありません。弁護士にも得意な分野や苦手な分野というものがあり、交通事故示談を得意としていない弁護士に依頼してしまうと交渉が思うよう進まずもらえるはずの慰謝料や損害賠償が減ってしまう可能性があります。代理人を依頼するなら交通事故に強い事故示談専門の弁護士を選びましょう。

弁護士事務所のホームページやパンフレットには得意な分野が必ず記載されています。得意な分野の依頼であれば成功率も高く仕事もスムーズに進みます。示談交渉を長引かせないためにも事故示談に強い弁護士を見つけて依頼してください。

弁護士特約があれば積極的に利用使用

加入している自動車保険に弁護士特約が付いているなら積極的に活用しましょう。弁護士特約は交通事故問題の解決を弁護士に依頼した際に必要となる弁護士費用を補償してくれる特約です。被害者の立場でも利用可能なので、交通事故の被害者になってしまったらすみやかに保険会社に連絡しておきましょう。費用の補償だけではなく交通事故問題に強い弁護士を紹介してもらえるので弁護士を探す手間も不要です。

よりよい条件を勝ち取るために

e276b6fd59dacef3eb94df9d54857f58_s

示談交渉では加害者側は少しでも示談金を安くしようと考えます。弁護士に頼めば相場よりも大幅に低い示談金額で交渉をまとめられてしまう心配はありませんが、よりよい条件を勝ち取るためには交渉前にしっかりと準備する必要があります。

方針を明確にする

示談交渉で重要なのが、方針を明確にすることです。高額の示談金を勝ち取りたいのか、早く交渉をまとめたいのか、加害者の謝罪がほしいのかなど示談をまとめるといっても方針次第で戦略は大きく変わってきます。弁護士と密に相談して方針をすりあわせておかないと望まない形でジダンがまとまってしまう可能性があります。

きちんと通院する

交通事故は健康被害の程度によって損害賠償金額が変わります。健康被害の程度に関しては事故申告ではなく医師の診断によって怪我や後遺症の程度が判定されるため、きちんと通院して診察を受けないと損害賠償が減ってしまいます。痛みがあるのに通院せず我慢してしまうと保証対象に含まれず健康被害を補償してもらえません。

後遺症の問題もあるため一度の診察だけで通院を打ち切るような事はせず、痛みや障害が消えるまできちんと通院しましょう。

被害額を明確にする

交通事故示談では事故により損傷してしまった物品も補償対象に含まれます。自動車やバイク、自転車で被害にあった場合は当然車両本体を補償してもらえますが事故で潰れたカーナビや壊れたスマートフォン、使用不能になったアクセサリーなども交渉次第で補償してもらうことが可能です。

実際にどの程度の被害が発生したのかを把握していないと交渉に望めないので、被害にあった物品をリスト化しておくと交渉がはかどります。出来る範囲でいいので価格を調べて補償見積もりも記載しておきましょう。細かいものでも事故で被害にあったのであれば補償範囲です。諦めずきちんと請求してください。

こちらのコラムも人気です!