示談交渉にはパターンがある!同時に時効にも注意?

示談交渉の進め方は3種類存在している

b379203a5985106be33a29992ce4d63e_s

交通事故の損害賠償金や慰謝料を決定づけるには示談交渉が必要不可欠です。 一言で示談交渉といってもやり方は一つではなく3種類存在しています。 もしも自分が交通事故の被害者になってしまった時のためにも示談交渉の進め方が自分に適しているのかいまの家から理解しておくと便利です。

被害者が自分で示談交渉を行う

まず一つ目は交通事故の被害者が自分で示談交渉を行うというやり方です。 しかしここで気をつけておかなければならないのは、 加害者側が加入している保険会社の社員と対等に渡り合えるのか という点です。 示談交渉は加害者と被害者が直接行うものではありません。

加害者が加入している保険会社の社員が示談交渉を行うことになるのです。 示談交渉は法律の専門知識をもって望まなければなりませんから、 被害者がよほど法律に詳しい人間じゃなければ示談交渉を有利に進めるのは難しいと言えるでしょう。

弁護士に示談交渉を相談する

これは交通事故の示談交渉を行う上で一番適切なやりとりと言えます。 弁護士ならば専門の知識にもかけていますから保険会社の社員とも十分に分かり合うことが可能です。 交通事故のやり取りを得意としている弁護士に相談することができれば、 無知である 被害者に漬け込む落としている保険会社の手の中も直ぐに意味抜いてくれるでしょう。

出来る限り示談交渉の初期の段階で弁護士に相談することをお勧めします。 被害者が一度示談交渉に応じてしまった後に「 やっぱりもっと示談金を受け取りたい」 心変わりして弁護士に相談してもそのタイミングでは遅いので注意してください。

  • 交通事故の案件を得意にしている弁護士の探し方

とにかく弁護士に依頼すればいいというわけではなく、交通事故の案件を得意にしている弁護士に 依頼しなくてはなりません。 弁護士も得意としているジャンルが存在しているのです。 弁護士を探す時には、多くの場合インターネットで近所の弁護士事務所を検索すると思います。

その時に検索キーワードに「交通事故」を 必ず入れてください。 その上でヒットした弁護士事務所のホームページを確認するのです。出来る限り数多くの交通事故案件を取り扱ってきた弁護士事務所の方が信頼できますから、相談件数や解決実績を参考にしてみてください。

交通事故紛争処理センターにお願いする

これは弁護士に依頼するのは気が引けるけれども、 定義された示談金には納得がいかないという被害者におすすめの方法です。 交通事故紛争処理センターに申し立てると保険会社との示談を無料でサポートしてくれます。

ここで注意しておきたいのは交通事故紛争処理センターが被害者と加害者の中立的な立場にあるということです。そのため必ずしもを被害者に有利な進め方をしてくれるとは限りません。 そのためなるべく有利な値段交渉を進めたいのであればやはり弁護士に依頼するのが 一番適切だと言えます。

示談交渉が長引く場合には時効に注意しよう

77cc221578a1e0c1478ae0683a28d155_s

示談交渉は比較的スムーズに終了してしまう場合もあれば、長期化してしまうケースもあります。 場合によっては、数年かかるというケースもあるのですが、長期化する場合には、「時効」に注意する必要があります。「交通事故の示談交渉に時効があるの?」 と思う人も多いかもしれませんが、 交通事故が発生してから3年間という期間が決まっているのです。

「さすがに3年もかからないだろう」 と思うかもしれませんが、治療期間が長引いてしまったり、弁護士に相談するタイミングが遅くなったりすると時効を迎えてしまうケースも珍しくありません。

「弁護士費用が心配だから」 という理由で弁護士に相談をせず、素人が泣き寝入りしてしまう事案は多発しています。そのため、時効を迎えさせないためにも、やはり弁護士に相談する必要はあるでしょう。弁護士の協力のもと裁判を起こすことができれば時効を中断することもできますから、より安心して交渉を進めることができます。

こちらのコラムも人気です!