弁護士に依頼しないとダメ!自賠責基準と裁判基準は3倍違うことも

自賠責と弁護士では基準がそもそも違う

4afbc913400228954d106e0d80a9b51d_s

交通事故の際の保険は非常に重要な意味を持ちます。しかし、自賠責だけで十分な金額が出るわけではなく、見過ごされがちなポイントが増える点には注意が必要です。これは自賠責の仕組みが、保険会社で決められているからです。そのため、個人のケースに合わせて細やかなサポートがつくか、あるいは相手がいる場合は損害賠償の金額を細かく交渉するかなど、どうしても対応に限界が生まれてしまうのです。

また、保険会社の性質上、派遣できる人材にも限界があり、対応できる時間も限られます。そのため、自賠責と弁護士を雇った裁判の基準では、損害賠償の金額や慰謝料の金額が数倍違うことも珍しくないのです。中には3倍違うケースがあるほどで、弁護士に依頼した方が良い理由の一つになっています。

交通事故の損害賠償は、後遺症などが残れば数千万円単位に上る可能性があります。また、怪我で仕事ができない間の補償や、入院費用の負担分も変わってくる可能性があるのです。これは自賠責の範囲であれば、保険会社もなるべくお金を使いたくないためで、早め早めに打ち切りを打診してくるケースがあるからです。

知識がないと早目の退院が妥当か、補償は十分か確認ができず、本来受けとれるものを受けとれなくなってしまう場合があるのです。特に、入院などが長引く場合は経済的にも精神的にも不安定になりがちなことから、不安なこともが相談できて、交渉を任せれる弁護士がいるかどうかは重要になってきます。

過去交通事故の裁判における損害賠償の平均値なども確認できるため、簡単に調べるだけでもその差が非常に大きいことがわかります。示談に入るタイミングなどでも金額が大きく変わることもあるため、まずは弁護士に相談するのがおすすめなのです。

示談や退院のタイミングなどで補償が大きく変わる

bbcd6d61d16289a0a51105e3c26bda15_s

弁護士に相談した方が良い理由の一つに、示談や退院のタイミングを誤ると、補償が受けられなくなる点が挙げられます。一度同意してしまうと手続きをやり直すことができないものが多いことから、時間をかけて論点を整理した方が良いケースがあるのです。これは自賠責の仕組み状の問題も挙げられます。

自賠責は基本的にマニュアルに基づいた金額や入院日数を導き出すため、例外的な物を計算に含むことが難しく、計算に含めたとして妥当な金額ではない場合が増えてきます。弁護士に依頼した場合は、過去の裁判からどの程度の金額が妥当かどの程度の治療日数が妥当か確認することができるのです。

自賠責と弁護士基準では弁護士基準の方が有利な事が多く、交渉次第で条件がより有利になる事が多くなります。また、示談は一度成立してしまうと覆すことが難しいため、弁護士を通してのみ受け付けるようにした方が安全性が高くなるのです。もし、条件交渉が上手くいかなかった場合は裁判になる可能性もありますが、裁判になった場合は保険会社などが負うリスクも大きくなります。

交通事故に詳しい弁護士に相談した場合、それだけ保険会社が負ける可能性が高まってしまうからです。解決までに時間が掛かれば、人件費などの面でも非常に大きなコストがかかります。一方で、弁護士に裁判を依頼した側は、事務作業などの多くを弁護士が代行してくれるため、それほど大きな負担がかからないのです。

実際に裁判になった際も賠償金額が大幅に高くなることが多いことから、労力や時間を含めて弁護士に相談してしまうのも方法です。裁判を起こしてから示談交渉を進めると言うのも手法の一つであり、より良い条件で賠償を受け取るポイントになっているのです。また、弁護士を雇うとなると費用面が気になりがちですが、弁護士費用は賠償額等から計算されるため赤字になる事はまずないのです。

こちらのコラムも人気です!