費用が無料になる!弁護士特約で有利な示談をしよう

弁護士特約があれば費用は無料?

b43301085ad884917c32e5d6236aaccc_s

交通事故に関連する保険会社との契約には、様々な取り決めが存在します。その取り決めの中でも最も有効活用できるのが、弁護士特約というものです。弁護士特約は、保険会社によっては使われている名称が異なることが多く、例えば自動車弁護士費用等補償特約などと言った難しい用語で書かれていることがあります。

基本的には付帯契約なので、この特約が存在する契約はすべて弁護士特約と考えて間違いありません。一般的に、弁護士特約を利用できる条件は以下の通りです。

  • 過失が0の場合
  • 個人で賠償請求をしなくてはいけない場合

過失が0の交通事故を考えるときには、保険会社に対して個人で慰謝料や損害賠償の請求をしなくてはいけません。過失が存在するケースではその過失を考慮して契約をしている保険会社が対応を考えることになりますが、全く過失がない状況だと保険会社が慰謝料や損害賠償に関する対応を考える必要がなくなります。そのため、過失が存在しないケースでは個人で弁護士に相談をして一から対応を考えなくてはいけません。

こうした面倒な面があるために、保険会社が関わらないケースである過失0のケースでは弁護士を利用できるように付帯契約を締結しているわけです。付帯契約が存在すると、弁護士費用に関する補償を出してもらうことが可能ですので、一定範囲の補償に関しては完全に無料で弁護士に相談をすることができるようになります。

相場としては300万円程度が範囲となっているので、これを利用すればほとんどのケースで交通事故のトラブルを解決できると言っても過言ではありません。もちろん、過失0のケースを扱うわけですから交通事故に関連する問題解決を図るためには被害者自身がきちんと証拠を集めなくてはいけないことを忘れてはいけません。

弁護士特約を利用するにしても、まずは本人の過失が存在しないことを法律的な客観的証拠で証明する必要があるのです。

被害者にとってとても有利な特約

633959d1c397243781b44942f84c986d_s

弁護士特約は、交通事故の示談や裁判で戦うための非常に有利な特約です。弁護士を利用して示談交渉をすることと、全くの個人が示談交渉をすることには明確な違いが存在するからです。弁護士特約の簡単なメリットだけでも以下の二つが挙げられます。

  • 早期解決で費用倒れがなくなる
  • 弁護士の利用で示談金を増額できる

交通事故の示談で最も怖いのは、話が長期化して示談を進めていくための被害者の資金が無くなってしまうことです。実は、相場未満の金額を提示する保険会社の示談に乗ってしまうのは、ほとんどがこのケースだと言えます。通常、示談をするためには示談交渉に関して話し合いを進めてくれる弁護士への継続的な費用が必要になります。

ですから、話が長期化すると示談を継続するためのお金を支払えなくなる可能性が出てきますし、何よりも交通事故によって生じた怪我や自動車の損失をいつまで経っても補償してもらうことができなくなります。こうした事態を避けるために、なるべく早期に解決して余計な費用を支払わないようにし、必要な示談金を支払ってもらう必要があるわけです。

また、個人だけで話し合いをすると保険会社の相場から示談金を増額させることができなくなるデメリットもあります。例えば、慰謝料や損害賠償の基準は弁護士が基準とする弁護士基準と保険会社が基準とする自賠責基準では大きいところで3倍から4倍程度の示談金の差が生じてしまいます。

これは法律的な観点から生じる計算の差でもありますので、統計的な数値でも表れています。弁護士特約で無料で弁護士を雇うことができれば、費用を控除しつつ請求した金額を全額もらうことができますので、被害者に満足のいく結果を残すことができるのです。

こちらのコラムも人気です!