自動車保険に弁護士特約は付いていますか?そのメリットとは

弁護士特約とは

6ef85ad44014173352dfe00d62885b98_s

自動車保険は特約を付ける事により、補償内容の充実が可能です。いくつかの特約の中に弁護士特約と言うものがあります。これは交通事故被害者の方のための特約です。信号待ちや渋滞の際、後続の車にぶつけられたと言ったもらい事故の場合、被害者側の過失はゼロとなります。いろいろな交通事故のうち約3割がもらい事故と言われるほど多いです。

このもらい事故では被害者側の過失がゼロになるため、被害者加入の自動車保険の保険会社には支払が発生しないです。そのため保険会社による示談交渉が受けられない事がありました。相手側加入の保険会社はなるべく支払する損害賠償金、慰謝料を抑えようとします。そのため納得できない損害賠償金が提示される事が多いのです。

そんな時に頼りになるのが交通事故被害に強い弁護士です。知識の無い被害者自ら示談交渉しようとしても難しいです。弁護士なら優れた交渉力があるため、損害賠償金増額となるケースが多くなっています。しかし弁護士に依頼すると当然ながら弁護士費用が発生します。

弁護士費用は結構高い

この時の弁護士費用は結構高いために負担が大きいです。弁護士費用の内訳は相談料、着手金、報酬金となっています。相談料は30分5000円、1時間で1万円ほど掛かります。着手金は20万円ほど、報酬金は損害賠償金増額分から10%ほどが相場となっています。着手金は増額が無くても支払する事が必要です。報酬金については増額分から支払できるため、費用の持ち出しは無いです。

弁護士費用を賄ってくれる

加入の自動車保険に弁護士特約が付いていると、この時の弁護士費用を賄ってくれます。弁護士費用が高額になっても大丈夫です。基本的には受け取りできる保険金は300万円が限度です。しかし弁護士費用だけで300万円以上掛かると言うのはレアケースです。相談料にも10万円と言う限度額を設定する弁護士特約があるものの、相談料だけで10万円以上掛かる事は少ないです。そのため弁護士への費用負けと言う心配は殆ど無いです。

等級が下がらない

自動車保険にはノンフリート等級と言う制度があります。事故を起こさなければ等級が上がり保険料が安くなります。逆に保険を使用する事故を起こすと等級が下がり保険料が割増しとなります。事故を起こさなかった人と起こした人と同じ保険料では不公平のため、このノンフリート等級の制度が導入されました。

最初は6等級から、最高20等級まで上がります。弁護士特約を利用すると等級が下がり保険料が割増しになると言う心配は不要です。交通事故加害者では無く、被害者の方のための特約だから等級が下がらないのです。遠慮なく弁護士特約の利用ができます。

保険金が受け取りできないケース

321994a9c59131753f439357cc425dd7_s

弁護士特約を付けていてもケースによっては保険金の受け取りができないです。

  • 過失ゼロのもらい事故では無く、故意や重大な過失による損害
  • 台風や洪水など自然災害で発生した損害
  • 自動車事故とは関係の無い損害
  • 無免許運転による損害
  • 飲酒運転や薬物運転による損害

この他にもいろいろなケースがあるため、自動車保険のホームページで確認して下さい。

交通事故被害が不得意な弁護士

弁護士にも得意不得意があり、交通事故被害が不得意だと十分な増額とならない恐れがあります。弁護士特約を利用する際、保険会社から弁護士の紹介が受けられる事があります。交通事故被害を得意にする弁護士の紹介が受けられるため、被害者の方自ら探すより手間が掛からないです。

保険料の負担が上がる

弁護士特約を付けないより付けたほうが保険料は上がります。しかし300万円の補償で1200円ほど上がるだけ、それ程負担が大きくなるわけでは無いです。必要無いと思えば付けなければ良いだけです。万が一の事を考えると付けたほうが安心のため、自動車保険に加入する際には良く考えてみて下さい。

こちらのコラムも人気です!