万一に備える!絶対に加入しておくべき自動車保険の弁護士特約

自動車保険の弁護士特約

f227984e45ac90d761b62f74d9134514_s

自動車に乗る方は交通事故に備えて人に保険に加入しておくと安心です。賠償や被害補償など高額の支払いを求められても自動車保険に加入していれば保険金で支払うことができます。自動車保険は交通事故の加害者になったときのものと思われがちですが、交通事故の被害にあったときも保険は効力を発揮します。中でも絶対につけておきたいのが弁護士特約です。

弁護士特約はその名の通り弁護士費用を補償してくれる特約であり、交通事故被害にあって示談交渉をする際にとても便利です。弁護士特約は標準の保険契約には含まれず追加で契約する必要があるので、もしいま加入している自動車保険に弁護士特約が含まれていない場合は早急に手続きをして弁護士特約を追加することをオススメします。

弁護士特約とは

弁護士特約とは交通事故によって発生した被害を賠償責任者である加害者に請求する際に必要になる弁護士費用を補償してくれる自動車保険の特約です。交通事故の被害者になってしまった場合、発生した損害については加害者に請求することになります。補償に関する交渉は事故示談として扱われ当事者同士の交渉により示談金額が決定しますが、弁護士特約があれば交渉代行を依頼するとき発生する弁護士費用が保険会社から支払われます。

弁護士特約があると示談金がアップする?

損害賠償の責任を負う加害者は少しでも支払い金額を減らそうと交渉してきます。交渉は加害者が加入している自動車保険の担当者が窓口となって行われますが、交渉担当者は交通事故示談を何度も経験しているベテランばかりであり素人が交渉に臨んでも勝ち目はありません。本来もらえるはずの示談金より少ない金額で交渉がまとまってしまうケースも少なくありませんが、弁護士特約があれば一方的に損することはありません。

交通事故に強い弁護士に交渉を依頼すれば相場に照らし合わせふさわしい示談金額で交渉をまとめてもらえます。交通事故被害者になって心細い時には頼もしい活躍をしてくれる弁護士ですが、問題になるのが弁護士費用です。

交通事故示談を依頼する際に弁護士に支払う報酬は少なくとも20~30万円はかかります。事故被害が大きく高額の示談金をもらえる見込みがあれば費用の問題はクリアできますが事故の被害がそれほど大きくなくも弁護士費用を払うと示談金を回収して赤字になってしまうようなケースは少なくあります。赤字になるケースでは弁護士を頼むと損をしてしまいますが、そんなときに便利なのが弁護士特約です。

弁護士特約があれば費用を気にせず弁護士に示談を依頼できます。少額の示談でも赤字を気にすること無く弁護士に依頼できますから、交渉を通じて慰謝料の積み増しや示談金のアップを勝ち取れます。

弁護士特約の注意点

e8514e4274db2644098f7a7343d9aa2f_s

事故被害にあった時に備えて加入しておきたい弁護士特約ですが注意しておきたい点もあります。弁護士用の補償には上限金額が設定されており、それ以上の費用に関しては事故負担による支払いを求められます。上限は300〜500万円程度に設定されているためほとんどのケースで制限金額内で費用が支払えますが注意しておきたいポイントです。もう一点注意しておきたいのが弁護士選びです。

弁護士特約を利用して弁護士を雇う場合は保険会社指定の弁護士を選ばなければいけなと規定している保険会社が多く、好みの弁護士を自由に選ぶことはできません。知り合いの弁護士が依頼したくても特約対象外であれば自己負担で依頼することになります。

弁護士には早めに相談を

弁護士特約が使えるのであれば早めに保険会社に相談して弁護士をお願いしましょう。交通事故示談は遅れれば遅れるほど交渉が難しくなるので、事故にあったらすぐ保険会社に連絡してください。後から弁護士をお願いするよりも最初の段階から示談交渉を任せたほうがスムーズな解決が望めます。もし弁護士に不満がある場合は保険会社を通じて変更することも可能です。

こちらのコラムも人気です!