交通事故示談交渉の弁護士費用相場と弁護士費用特約について

弁護士費用はどれぐらいかかるものなのか?

329f3a3007a1cbe12bdab64ad36249e7_s

交通事故にあって怪我を負ってしまったからには、正当な示談金を受け取らなければなりません。示談交渉を成功させるには弁護士に相談して示談交渉しなければならないのですが、この時に気になるのは「弁護士費用」のことだと思います。交通事故の案件はいったいどれぐらいの弁護士費用がかかるのか? 触れて行くことにしましょう。

相談料は無料から30分5000円程度

いきなり弁護士に直接依頼をするのではなく、まずはどういった案件なのか相談するところからスタートします。相談料に関しては無料で対応してくれる弁護士事務所もあれば、30分5000円から対応してくれる弁護士まで様々です。相談料の金額に関しては弁護士事務所によって多少の差はあるものの、高くてもやっぱり30分5000円前後が相場となっています。

「まかせてみたい!」と 思える弁護士に出会うためには、やはりいくつかの弁護士事務所をはしごする必要があるでしょうから、なるべく相談料が無料の弁護士を選んだほうがいいかもしれません。しかし、相談料を設けている弁護士事務所は実績があるケースもあるので、 事前にホームページを確認しておいた方が良いでしょう。

着手金の相場は?

弁護士費用は一括で支払うわけではなく、いくつかの段階に分かれているものです。 その中でも一番最初に支払うのは着手金です。 着手金も弁護士事務所によって差はありますが、大体20万円程度が相場となっています。

成功報酬の相場は?

無事に示談交渉が終了して正当な慰謝料や損害賠償額がもらえたら、最後に成功報酬を支払うことになります。成功報酬も弁護士事務所により差はありますが、被害者が得られた賠償金の約10%〜20%が相場となっています。弁護士事務所によっては成功報酬の他に中間報酬を儲けているケースもあるので、支払い方法や支払い金額に関しては相談の段階でしっかりと確認しておくようにしましょう。

結局はトータルでいくらぐらいかかるの?

結果的にトータルでいくら弁護士費用がかかるのか?というのは交通事故の大きさ、怪我や後遺症の度合いにより変わってくるため一概には言えないのですが、安ければ数十万円程度、 長期化してしまった場合は高ければ100万円オーバーになるケースもあります。なぜ100万円オーバーになるかと言うと、印紙代や出張費、切手代などの経費がかかるからです。

弁護士費用特約を使えば弁護士費用を負担しなくて済む

75dd6141ae0281971f3009be13613261_s

ここまで交通事故の弁護士費用の話をしてきましたが、やっぱり結構高額になってしまいますよね。無事に示談金を獲得することができたとしても、高い弁護士費用を支払うのはなんだか納得できないと思います。しかし、安心してください。 被害者側が保険会社に加入していれば弁護士費用特約を利用することが可能です。

弁護士費用特約とは?

弁護士費用特約は、一言で言うと「弁護士費用を被害者に代わって保険会社が支払ってくれる」 制度です。弁護士費用特約を利用することができれば被害者側は1円たりとも支払う必要はありません。

  • なぜ弁護士費用特約があるのか?

保険会社に加入している多くの人は、「交通事故が起きた時には、保険会社が示談交渉を行ってくれる」と思っているかもしれませんが、実はこれは加害者側のケースだけです。被害者側の保険会社は示談交渉には顔を出してくれないんですね。

ですから、被害者は示談交渉を行うときに自分で交渉するか、弁護士に交渉してもらうか、を選ばなければなりません。そんな時に、被害者側が余計な弁護士費用を捻出する必要がないように弁護士費用特約が設けられているのです。

  • いくらまで負担してくれるのか?

約300万円程度まで負担してくれます。 300万円あれば交通事故の交渉をするには十分な金額です。 よほどのことがない限りこの金額をオーバーすることはありませんから安心して利用してください。

こちらのコラムも人気です!