弁護士費用のシステムと弁護士の探し方のコツとは?

交通事故で弁護士に相談した場合の費用はどれぐらいなのか?

bb88f32e47960401bc523ad883726785_s

交通事故による損害賠償金や慰謝料を請求する時には弁護士を起用するのがスタンダードです。しかし、弁護士費用を気にして弁護士に頼らず、被害者が直接示談交渉してしまうケースがあります。 はっきり言ってこのケースは、被害者側が示談交渉で勝利するのは難しいでしょう。

本来はもっと高額な損害賠償を請求できたにもかかわらず、加害者側の保険会社からうまく丸め込まれて泣き寝入りしてしまう事例も珍しくないのです。ですから必ず示談交渉をする時には弁護士の協力を仰ぐようにしてください。

でもこの時に気になるのは、やっぱり弁護士費用ですよね。弁護士の費用ははっきり言って安くはありません。ですから、いつ交通事故の 被害にあっても 困らないように、今のうちから弁護士費用の概要を理解しておくようにしましょう。

弁護士費用の特徴について

弁護士費用は「最初にいくら」と決まっているケースは少なく、大体は「被害者が得た慰謝料の何パーセント」という形に なっていることが多いです。 完全成果報酬を採用している弁護士も多いため、万が一示談交渉が うまくいかなかった時には、必要以上に弁護士費用がかからないようになっています。弁護士費用を支払うことも考慮した上で、必ず交通事故の被害者が得をするように考えられているのです。

弁護士特約に 加入しているか?が重要

弁護士を起用するには弁護士特約を利用してください。弁護士特約とはいったい何かと言うと「保険会社が弁護士費用を負担してくれる制度」のです。ですから、自動車保険に加入する時には弁護士特約を必ずつけるようにしましょう。

もし弁護士特約をつけていない場合には、 被害者が弁護士費用を全て払わなければなりません。しかし、弁護士特約を利用できれば被害者は1円たりとも払う必要は無いのです。弁護士特約は最大で300万円まで保証されているので、十分に弁護士費用をまかなうことができます。

弁護士の上手な選び方とは?

2bdbd18feac7a37be0fa2096c511e577_s

弁護士の費用に関しては、特に心配する必要がないことはわかっていただけたと思います。だから「安心して弁護士を利用できる」と手放しに喜んでしまうのはちょっと早いですよ!弁護士は、腕のいい弁護士もいれば、そうでもない 弁護士も存在しています。

もし、残念な弁護士に頼ってしまうと示談交渉で不利になってしまうケースが 出てくるかもしれません。たから示談交渉で勝つためには弁護士の選び方が重要なんです。でも一般市民は普段弁護士なんて利用したことが無いから弁護士の選び方なんてわかりませんよね? そんな人達は、弁護士を探す時に次のようなポイントに注意してみてください。

依頼者への説明がうまい

依頼者への説明の仕方が上手い弁護士は交通事故の案件に慣れています。 素人にもわかるように説明ができるというのは、それだけ経験があるということです。ですから、説明が下手だと感じる弁護士への依頼は避けるようにしましょう。無料相談を行ってくれる弁護士事務所を中心に回って判断すれば、お金をかけずに弁護士を探すことができます。

料金体系を明確にしてくれる

どのような形で弁護士費用が発生するのか最初の段階でちゃんと説明してくれる弁護士を頼るようにしましょう。世の中には悪徳弁護士も残念ながら存在しています。後から聞いていない弁護士費用をプラスしてくるケースもあるので、必ず最初の段階で明確に提示してもらうようにしてください。

交通事故の経験が豊富

これが一番重要なポイントです。今までに受け持ってきた案件数だけではなくて、「どれだけの案件を解決してきたのか?」も必ずチェックしてください。担当した案件に対して解決事例が少ないと感じるならば頼るのは危険です。口頭で説明を受けるのではなく、資料で提供してくれる弁護士の方が信頼できます。ホームページで 確認するというのもいいでしょう。

こちらのコラムも人気です!