実績は?費用は?交通事故の損害賠償に強い弁護士の選び方

示談金を正当に受け取れないケースに要注意!

23ed3ae55d505d461c69278319deaa65_s

交通事故に遭遇し、あなたが被害者ならば、損害賠償金や慰謝料を受け取ることになるでしょう。しかし、ほとんどの場合、正しい慰謝料を受け取ることは難しいのが実情です。 それには次のようなケースが考えられます。

事故現場で示談に応じてしまう

交通事故を起こした直後は、パニックになっているものです。 加害者は、「被害者に何かしてあげなければならない」と思って、思わずその場でお金を手渡してしまうケースがあるのです。被害者側がそれを受け取ってしまうのは注意が必要! それは、示談に応じてしまったと受け取られてしまうので、「やっぱりもっと示談金が欲しい」と後から思っても相当難しいと言えるでしょう。

  • 後遺障害が出た時に損をする可能性がある

交通事故のによる痛みは後から出てくるケースもあります。万が一後遺症が残ってしまった時には1000万円以上の損害賠償金を本来請求できるのですが、現場で示談に応じてしまうと、それ以上の要求は行えません。

弁護士を通さずに示談に応じてしまう

示談には、加害者が加入している 保険会社の担当者が出てきて、被害者と示談することになります。被害者側が保険に加入していたとしても、保険会社はこういう時には登場してこないのです。ですから、被害者が自ら示談交渉に応じてしまう場合があります。

  • 示談交渉は専門用語が飛び交う上に長期化しやすい

示談は専門的なやり取りが必要になります。保険会社の担当者は専門的なやり取りに慣れていますが、被害者側はそうはいきません。そのため、被害者側の知識不足につけこんで、正当でない示談金を提示してくるのは珍しくないやり方です。

しかし、被害者側は妥当な示談金を 知らないですから、最初に提示された金額でサインインしてしまう事例が多発しています。示談交渉を多少渋ったとしても、 長期化しやすいので、面倒くさくなってサインしてしまうケースもあるのです。

弁護士の選び方とは?

0fa7e06a2ab1f2dc8f4f2e24c890e75b_s

交通事故の示談交渉を被害者側が有利に進めるためには、弁護士への相談は避けて通れません。しかし、弁護士ならばどこでもいいというわけではありません。 交通事故の交渉に長けている弁護士じゃないと意味はないと言えるでしょう。

実績のある弁護士の選び方

まずは弁護士事務所のホームページを覗いてみるところから始めてみましょう。 弁護士、交通事故、示談などのキーワードで検索すればたくさんの弁護士事務所が検索されます。

  • 実績を必ずチェック

実績の件数を必ず確認するようにしてください。 実際に受け持った件数と成功した件数を照らし合わせて、そこに大きな差がない事務所を選ぶとよいでしょう。

  • 書籍を出している弁護士に依頼する

本屋さんに行くと、交通事故にまつわる書籍がたくさん並んでいます。少しでも多くの書籍を執筆している弁護士をチェックすると良いでしょう。

弁護士費用ってどのくらいかかるの?

弁護士事務所によって、金額は変わるのですが、着手金は20万円が相場となっています。 報酬金は、得られた賠償金の10%ぐらいが相場です。相談に関しては無料で行ってくれる弁護士事務所もありますが、30分5000円程度からの弁護士事務所もあります。 もしも裁判まで発展したりすると100万円オーバーになるケースも出てきますので、まさにケースバイケースです。

  • 弁護士特約を利用すれば無料で行える?

被害者側が保険会社に加入している場合は「弁護士特約」を 使うことができます。 これは弁護士を起用する費用を負担してくれるサービスです。 そのため被害者は弁護士費用を払う必要がありません。弁護士特約は約300万円程度まで保証してくれる会社がほとんどですから、交通事故の裁判まで発展したとしても十分な金額だと言えます。

ただ、まれに弁護士特約をサポートしていない保険会社もあるので、加入する時には弁護士特約が付いているのか確認しておく必要があります。

こちらのコラムも人気です!